• Enjoy my life !

    2017年2月 我が家の中学受験は完了しました。長い戦いでした。

    4月から、めでたく上の子と同じ学校へ通えることになり安堵しているところです。

    これから中学受験を目指す方々のご参考になれば幸いです。

     

    今回は、学校訪問編です。

    前情報として、

    私立中学校は東京188校、神奈川県59校、埼玉県29校、千葉県24校あります。(H29現在)

    これ全部の学校を訪問をすれば、本当の意味でどこの学校が我が子に向いているのか?を検討できるのかもしれませんが、現実的ではありません。

    少しでも我が子が成長できる学校、飛躍させてもらえる学校を見つけ出したいものです。

    そこで、的を絞って学校訪問する方法をお知らせします。

     

    ●学校訪問の時期

    ・子供

     受験勉強にまだ余裕にある小学校4年生ぐらいから、文化祭に行きましょう。

     文化祭では在校生の様子を観察できます。また、入学してから楽しむ事が出来るか?在校生の対応や施設等を見て周る事ができます。中1の生徒さんが上級生に交じり一生懸命仕事をしている姿は、微笑ましいものがあります。入学してからの我が子を想像できます。

    ・親

     文化祭で気に入った学校が見つかったら、学校説明会に小5ぐらいから参加しましょう。

     学校方針、教育方針等の研究材料の収集をしましょう。

     

    ●学校選び

    ・本人希望

     子供が気に入った学校が一番です。偏差値より重要にしてあげたい!とは思うものの、塾代等で高額投資を続けてきました。なので、前述の文化祭に訪問する際には偏差値を基準にお出掛けする方が良いかもしれません。

    ・距離

     通学時間を忘れてはいけません。短い時間で通えるに越した事はありません。

     例えば、通学に1時間かかるとすると家を出発するのは始業時間の1時間+αを見込む必要があります。仮に8時15分開始だとすると、朝7時には出発させたものです。とすると、朝起きる時間は6時過ぎ。

     仮に部活動が始まったとして、朝練があるとします。起きる時間はどんどん前倒し・・・

     大変なのはお母さんも同じです!殆どの私立学校はお弁当持参です。お弁当を作らなくてはなりません。学食がある学校なのか?も学校訪問の際にはチェックですね。

     

     定期代!は、距離があればあるほど高くなります。

     参考に定期代を調べて見ました。

     JR中学生学割定期代:1ヶ月=通常価格 x 約 0.49

               3ヶ月=通常価格 x 約 0.4655

               6ヶ月=通常価格 x 約 0.441

     JR高校生学割定期代:1ヶ月=通常価格 x 約 0.63

               3ヶ月=通常価格 x 約 0.5985

               6ヶ月=通常価格 x 約 0.567

    ・偏差値

     多額の投資をしますしね。気持ちはすごく分かります。ですが、偏差値だけでは楽しい学生生活を送る事ができません。子供が希望する学校を最優先で考えるのが一番です。

     親は人生の大先輩です。ここの学校に行けばこういう未来が開ける等、先が分かるんですよね。でも、時代は刻々と変化しており、現代は子供の自立や自主性が大事だとされるようになってきました。学は、社会に出て使える知識としなくてはなりません。と、考えると子供が伸び伸びと前向きに過ごせる学校に通わせてあげたいものです。

     反対に子供が望んでも偏差値レベルが高くて届かない学校もあります。その場合は応援してあげましょう!その学校に受かるようにサーポートしてあげて下さい。第一志望は諦めない!を合言葉に。でも、全落ちしないように2番目に行きたい学校、3番目も見つけておく事は大事です。

     

    ●さいごに

     私も上の子の時は、色々と偏差値をたよりに学校訪問やオープンスクールに行っていました。

     今言える事は、子供が中高の6年間を楽しく自分らしく過ごす事ができる学校なのか?を見極める事にあります。

     説明会では、各々学校は良い事や明るい未来しか教えてくれません。なので、個別相談で、もし落ちこぼれた場合はどういう対処をしているのか?学校で問題があった場合の学校側のサポートと親側のサポートについて聞いておく事も重要です。どの学校さんも丁寧に対応して下さいました。

     

     

    次回は、受験校選びについて書きます。

     

     

    <広告>こんなサービスがあるのですね。”笑”です。子供が小さい時に知りたかった。

    子育てのお悩み、解決します!
    訪問しつけサービス【ばけおに】