• Enjoy my life !

    今年ロンドンへ旅行します!(計画しました!)

    なぜロンドン? 娘の友達がフランス留学しており、急にヨーロッパに興味をもった様子。

    でもフランス語はまったく勉強した事がなく、英語も流暢に話せないけど中学校で勉強したので・・・

    ならばロンドン!と、飛行機・ホテルなど自分で手配してみました。

    個人旅行です。手配することがたくさんありました。もし旅行予定があれば参考にして下さい。

     

    1.飛行機の手配

    ロンドン行きの飛行機は、直行便だとANA,JAL、British airline など、

    経由便(例えば香港経由、カタール経由など。。)だとキャセイなどがあります。

    出発地は羽田空港 または、成田空港。 到着地はヒースロー空港。

    各々航空会社のホームページから予約ができます。

    お値段も大事!ですが、約12時間以上乗るんです。快適にすごせる飛行機を選んだ方が良いと思います。

    予約は早い時期にした方がお得です。

    私はJALにしました。

    今までの経験上、日本の航空会社の飛行機が一番好きです。(ANAも)

    何が良いって?

    CAはほとんど日本人です。つまり、日本語OK。

    搭乗手続をするカウンターだって日本語OK!(たぶん海外のカウンターも)

    仮に飛行機の遅れや欠航があっても相談しやすいです。個人旅行の時は特に!!重要です~~

    食事が口に合います。ロンドンまで2〜3回は食事サービスがあります。少しでも美味しいものを・・

    個人モニターが充実しています。長時間のフライトを過ごすには映画。日本画字幕・吹替えあるので楽しめます。

    同乗者に日本人が多い!やはり落ち着きますよ~

    そして、羽田発!助かりますね~

    JALにしたので、これ以上の贅沢はせず もちろんエコノミーで〜す。

     

    2.ホテルの手配

    フライトが決定したら次は、宿泊の手配です。

    ロンドンは宿泊代が高いと言われています。が、調べてみるとピンキリかなと思います。

    高級ホテルからB&B、アパートなど、たくさんの宿泊施設があります。

    決めるポイントは、駅から近いこと。

    その駅も、空港から出ている地下鉄(Tube)1本で行ける乗り換えなしの駅がおすすめです。

    駅からの距離は、重いスーツケースをもって何分も歩くのは辛いので駅近に。雨だと大変でしょ?

    それに、旅行中観光にでかけるのに便利。

    治安やホテルにエレベータがあるか?も確認。

    部屋が清潔か?広さ?などなど・・・まぁこだわればキリがありません。

     

    空港からの移動は、送迎サービス(有料)かタクシーを利用するのも良いと思います。

    空港からエクスプレスも走っています。(一人26ポンド(料金は参考))

    エクスプレス利用の場合はPaddington駅(降車駅)近くの宿泊が便利です。

    私は楽天トラベル経由でBooking.com で予約しました。

    ホテル検索画面では、駅からの時間が表示され、ホテルごとの宿泊プランが表示されます。

    変更不可で予約するとお得に予約できます。が、予約後変更ができません。前払いなのでキャンセルの場合は全額没収されます。(注意)

    食事は大事!と朝食付にしました。とりあえず朝食の食いっぱぐれ対策OK。

    ホテルの上階は景色が良いとコメント欄にかかれていたので一応リクエスト。回答来ませんが・・・

    空港からの送迎サービス(有料)は利用せず地下鉄(Piccadelly line)で頑張ります。1人約5ポンド(毎年変更があるので参考)。

    飛行機でお金使うので節約!です。

     

     

    3.交通カードの手配

    フライト、宿泊が決定したら次は観光準備です。

    オイスターカード(Suica, Pasumo のようなもの)を手配します。

    ロンドンは、地下鉄とバスが充実しているので、うまく使いこなせば移動は便利なハズ。

    英国政府観光庁オフィシャルショップのホームページから購入できます。

    ビジター用だと ディポジット3ポンド+チャージ+ 送料 となります。

    申し込みから約1週間で届きました!30ポンドチャージしました。

     

    予めオイスターカードを持っておけば、ヒースロー空港から慌てず乗車できます。

    現地でオイスターカードを買うとディポジット5ポンド+チャージです。

    空港でも、地下鉄の駅でも買えるみたいです。英会話の勉強になるかも!

    <注意>

    オイスターカードの注意点は、チャージ金額が残ってないのに乗車した場合、乗り越し精算ではなく
    罰金となるそうです。しかも20ポンド近いらしい。

    駅のチケット販売機で残高確認ができるので、こまめに確認しながら使用した方が良いです。

     

    4.観光地入場チケットの手配

    大英博物館やナショナルギャラリーは、無料で入場できます!(寄付は自由です)が、教会や寺院は入場料が必要です。

    Veltra ツアー会社で予め入場券を手配できます。少し割引されている施設もあります。

    なにより事前に手配しておくと、現地でチケットを買う為に並ばなくて良い=時間短縮できます。

    チケットは予約情報をプリントアウトしたものを現地で交換のようす。チケット入手の送料など不要みたいです。

    ●広告(VELTRAでチケット入手できます!)

    ゜:*★イギリスのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

     

    5.Money(お金)

    海外はカード社会。現金はあまり持ち歩きません。

    私は、現金を200ポンドぐらい用意し後はカードにするつもりです。

    カードはVISA , MASTER が有力。で、暗証番号も必要です。

    もし、暗証番号を忘れてしまった場合は各カード会社のホームページから依頼ができます。出発までに忘れずに!

    現金は、マーケットなど出店での支払いにはカードが使えないので必要です。

     

    <さいごに>

    個人旅行は、手配を自分で行う=全て責任は自分です。

    トラブルがあった場合は、自分で対処しなくてはなりません。

    が、それを楽しもう!と言う覚悟があるのならばおススメします。成長できます!

    海外は、日本のように治安がよくありません。

    お財布に大金を入れておいたり、荷物を無造作におけば盗まれてしまう事もあります。

    特にi-phone は注意が必要です。レストランの机に置きっぱなしにして盗まれたり、カバンから盗られたり、ポッケも危険です。充分に注意が必要です。

    それでも旅行は楽しいものです。海外を知り改めて日本の良さを知る事ができます。

    よりより日本社会をつくる為、他を知り見分を深める事は大事なことかもしれませんね。

     

    出発はまだまだですが帰ってきたら、 旅行記を必ず書きます! 待っていて下さいね!

     

    ●広告

    世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com